せっかく神戸製鋼ラグビー部は、ダニエル・カーターのおかげで強豪復活のきっかけを作れたんですから、これを継続する努力をしなければなりません。

つまり、しっかりダニエル・カーターと今後の話をしないとダメです。

そこらのラグビー関係者が連れてくるニュージーランド選手と、ダニエル・カーターが直に紹介してくれるニュージーランド選手とでは、レベルが違うはずですよ。